「あおもりサニーヒル」とは?


子どもたちの未来のために

 県内初のフリースクール「あおもりサニーヒル」は、子どもたちが無理なく安心して過ごすことのできる居場所です。
学校に行くのが辛くなった時、家でぽつんと居るのがさみしくなった時、そんな時のためにサニーヒルはあります。

『サニーヒル』という名前は、私たちが開設して来た「ひだまりカフェ」と、イギリスにあるフリースクール「サマーヒル」に由来しています。
ひだまりには、日差しが降り注ぐ縁側のように暖かな場所にしたいと思いが込められています。サマーヒルは、世界一自由な学校と言われ、「自由を与えることで子どもたちは大きく成長する」という哲学をもって、世界の教育界に大きな影響を与えてきたフリースクールです。

あおもりサニーヒルは、暖かくて、開放的で、未来が見えてくる…あなたの居場所です。

 

●参考①

フリースクールとは、不登校の子どもを受け入れることを主な目的とする団体・施設を指す。(文部科学省)

●参考②

フリースクールは社会において「不登校の子どもたちの居場所」という役割を果たしています。運営は個人や民間の企業、NPO法人などがあり、様々な規模や形態のフリースクールが存在します。学校教育法上の公的な学校とは認められていないため、義務教育課程の子どもであれば、もともと通っていた小中学校に籍をおいたままフリースクールに通うことが通常です。出席扱いとするかどうかは状況に応じて相談することになります。

 



児童・生徒のみなさんへ

サニーヒルでの過ごし方は自分で決めることができます。
時間割はありますが無理することはありません。自習するのもOKですし、あなたが望むならプロの家庭教師や大学生ボランティアがサポートしてくれます。
勉強以外にも、スタッフとお話したり、時には街を散策したり…。一人でのんびりしていても大丈夫です。
頑張れるときは頑張る、疲れたときは休む、それで良いのです。サニーヒルは自分のペース過ごすことのできるあなたの居場所です。


保護者の皆様へ

子どもの成長は親や家族にとって本当に嬉しいものです。でも、必ずしも順風満帆というわけにはいきませんよね。
躓いたり、壁に突き当たったり、時には学校に行けなくなることも・・・。
いじめや学力不振など、原因がはっきりしている場合はその対策が急務となりますが、近年は原因のはっきりしない不登校も多くみられます。
俗に言う「疲れている」という状態です。

不登校の子は引きこもりになりがちですが、何らかの方法で社会との接点を持ち続けたいものです。フリースクールはその中のひとつであると考えてください。学校のような負担感は無い設定になっています。できるだけ制約の少ない状態から初めて、いずれは学校に戻れるようサポートします。また、どうしても学校になじめない方に対しては、新たな道を切り開く手助けをいたします。



NPO法人コミュサーあおもり理事長 西川智香子 挨拶

娘が小学校5〜6年生の頃(今は大学生ですが)イジメを経験しました。親子共々苦しい時期を過ごしたものでした。
相談したり、力になってくれる人が欲しかったですし、学校には行けなくても同年代のお友達とコミュケーションが

取れる場所があったら… と思ったものでした。
当時はそのような場所はあったのでしょうか。

それとも知らなかっただけなのでしょうか。
幸い娘は頑張って学校に行き不登校にはならず無事育ちました。

して人を思いやることの出来る子に成長しました。

ありがたいことと思っています。
でも、万が一自殺など違った方向にいっていたらと思うとゾッとします。

NPOとしては結婚支援事業を手掛けて来ましたが、大人をサポートするだけではなく、地域みんなで子ども達を育て上げることが、一番の地域育てであり、

実は少子化や人口減少への対策となり、晩婚化や単身世帯を減らす早道では

ないかと思うようになしました。

                       これから大人になっていく子どもたち、これから結婚して親になる人たち、

                       子育てが不安な親御さんたちが安心して生活が出来るそんな地域でありたい。
                       青森を元気にするために、いち住人として、子育ての先輩として、

                       お役に立てたら嬉しいです。

                       そんな想いで始めた活動の1つがフリースクール「あおもりサニーヒル」です。
                       学校でもない、社会でもない、塾でもない、その全ての要素を少しずつ持った、

                       それぞれの間の位置付けである

                       居場所。これまで青森で見つけることが難しいかった、第4の選択肢となれたら

                       青森の子どもたちももっとイキイキ育つことが出来るかもしれない、

                       そう信じて頑張って行きたいと思います。


顧問 坂本徹 あいさつ

 

長い道のりを歩くとき、スイスイの者もいればダラダラの者もいます。立ち止まったり、休憩したり、また駆け出したり。

 

上り坂では息がハアハア。

下り坂ではスピードが出すぎて転んじゃうことも…。

 

全員で歩調を合わせて歩く方が難しいですよね。

 

人生も同じです。学校のペースに合わせられなくなったとしても、決して異常なことではありません。

 

大人でも会社に行けなくなることだってあるんです。

そういう時は、焦らず、急がず、落ち着いて。

先ずは「自分のペース」を取り戻すことです。

 

サニーヒルは制約や強制のない自由な空間です。

ゆっくりと流れる時間に身を委ねて、疲れをとり、心を癒しすことができます。

気さくなスタッフがとサポートしますから、安心してエネルギーを充電してください。

 

あなたはあなた…それでいいのです。

校長 工藤幸雄 あいさつ

 

 サニーヒルに「ルービックキューブ」が置いてあります。かなり以前に触ったことはありますが、一面さえ揃えることができませんでした。ところが、一人の生徒からコツを伝授してもらい、ユーチューブで攻略法を探り、悪戦苦闘し二日目にやっと一面を完成させることができました。「やったー!」 達成感は半端ではありませんでした。一つのことに自信を持つと次へ挑戦したくなるものですね。六面完成という目標ができました。サニーヒルでのうれしい出会いの紹介です。

 

 「一人一人を大切に」・・・これがサニーヒルの理念です。

 「安心して過ごすことのできる居場所の提供」・・・これがサニーヒルの方針です。

 「いろいろな方面と連携しながらきめ細かく」・・・これがサニーヒルの運営です。

 「自らの意思で行動することを尊重し、多様なサービスを提供」・・・これがサニーヒルの生活とサービスです。

 

 サニーヒルのゆったりとした時間の中で、小さな喜びをたくさん見つけましょう。スタッフ一同、サポートに努めます。

 

 

 

 


あおもりサニーヒルは7月22日から区切られてお部屋がある一戸建てに移転して、より多様な児童生徒の受け入れが出来るようになります。お気軽にお問い合わせ、見学のご連絡等をお待ちしております。サニーヒルは疲れた心を休ませて、いずれ前に進むための居場所です。スタッフ一同あなたに会えるのを楽しみにお待ちしています。

青森市新町2-7-17 山二ビル1

NPO法人コミュサーあおもり内サロンスペース 

電話番号 080-5736-2442

FAX番号  017-752-0942

【開校日】
月水金曜日 10:00~18:00

(カリキュラムによって変動あり)


※7月中に移転予定

 

【運営団体】
NPO法人コミュサーあおもり
フリースクール事業部
 

http://コミュサーあおもり.com/